カナガンキャットフードの人気の理由は主原料?

カナガンキャットフードの人気のポイントは主成分?

材料の50%が鶏肉とさらに鮮度の高い鶏肉を惜しまず使用していることが最も大きい魅力です。

よく知られているキャットフードは安い価格で入手もしやすいですが栄養価がが足りないことも多いです。

そんな栄養価を栄養士が配合率を追求してできたのがカナガンです。

鮮度の高い鶏肉にはたんぱく質・ビタミン・リン・セレンもいっぱい含んでいます。

また穀物不使用のため炭水化物の摂取をコントロールすることができます。

猫はトウモロコシ・小麦・大麦といった穀物でアレルギーを起こしやすいです。

アレルギーを起こしやすいにも関わらずあらかたのキャットフードには穀物が含まれています。

カナガンキャットフードでは穀物不使用にすることによりアレルギーを回避し重要な栄養分のみをチョイスしています。

そして骨抜きチキンの生肉と乾燥チキンを利用しているおかげで肥満体になりやすいタイプの猫にもとてもいちおしです。

肥満になりやすい体質の猫は運動不足によりカナガンのご飯を食べることで健康維持がしやすくなります。

そして主原料がチキンなのでスマートな体型のキープも続いていきます。

ごはんが進まない、太ってきた、主原料へのこだわりを考慮する飼い主のみなさまにカナガンは確信しておススメします。

何と言いましてもカナガンは人でも食べられる上質なキャットフードです。

おやつの量も減り体重が継続できるという意見もあるのです。

メジャーなキャットフードと比べ使っているお肉の量が違うので食欲が進まない猫も多分ご飯が楽しみになります。

カナガンの賞味期限が短いのはなぜ?

カナガンのドライフードは賞味期間が製造日から未開封時で18か月です。

受け取ってから18か月とは違うので間違えないようにした方が良いでしょう。

賞味期間は袋であれば裏に、缶詰であれば底面に書いていますので入手後即座にでも確かめておくと解ります。

この他にもローズマリーエキスも自然由来付加物ですカナガンは無添加ですから開封後の賞味期間は約3か月です。

無添加なので保存料は使っておらずそれと引き換えにミックストコフェロールを使用してるのです。

ミックストコフェロールは自然由来の原料品で腐敗や酸化を予防します。

ミックストコフェロールはビタミンEの混合物で他にもローズマリーエキスというものも自然由来添加剤です。

自然由来添加物は合成添加物に比べると保存期間は短く値段も少し割高です。

しかしながら合成添加物のエトキシキンやBHA・BHTは発がん性の可能性が高いです。

エトキシキンやBHA・BHTは一般的にはペットフードの酸化防止剤として扱われ当然人間には使用されません。

その理由に指摘できるのがエトキシキンは毒性が非常に強いため法律で人間への使用をNGとなっているからです。

そういうふうな添加物をペットに使ってしまうのではとても悲しいことです。

愛猫の身体を考慮するともちろん自然由来添加物がいいですから。

キャットフードを入手する時は合成添加物か自然由来添加物かをチェックしてからがいいでしょう。

カナガンの開封後は保管法なども考えると風味も極力落とさず与えることができます。

カナガンキャットフードはアマゾンだと損!